株式会社おもかげ

★ご遺族様の声★を始めます。

ご遺体従事で一番怖いことは、こちらサイドの人間が【自己満足】に陥ることです

「何かをしなければいけない」という間違った使命感や

(例えば、シミシワはその人らしさなので消さなくていい、と思っているご遺族。でも「シミがあるので消しました!(良いことをした、と思っている)」という納棺師、が、良い例ですね😖)

遺族に感謝されたい」という、目的意識が違うゴールを持ってしまうと単なる「私がしてあげました!」という自己の欲求を満たして満足する結果になる可能性が非常に高いのです。

それではご遺体従事者として失格ですし(持論ですが)

何しろその内々の気持ちがご遺族に伝わらない訳がありません。

(と、思います😓)

弊社は、いつでも初心の気持ちを忘れぬようにご遺族様へアンケートを実施し、叱咤激励を頂いております。

大切な故人様を、どこの誰だか分からない馬のホネのようなわたくしに預けて下さるご遺族には、いつも本当に感謝しております。

私の技術は、沢山の故人様を救えるものだと確信しておりますが

まだまだその(修復、復元の)浸透は低く、ご遺族は不安が先行してしまいます。

その中で私がどれだけ安心感を与えられるかが一番の問題です。

お声の中の皆様の不安要素をお聴きしながら、精進していきたいと思います。

 

コメントを残す