株式会社おもかげ

生体にはない眼球の変化

わたくしは「遺体管理」という新たな部門を進んでいますが、 (↑単発でのメイクさんや納棺師さんはいますが、出棺まで毎日見守る専門は今日、日本全国にもいないと聞いています👀) そこで一番気にしているのは 勿論グリーフケアです!が、 次に気にしているのは 遺体を悪化させない事です。 そのバロメーターとして、確認する所は眼球になります。 目の玉ですね。 遺体の顔面腐敗は、目の玉がわたくしに語ってくれます😃

綺麗な死人になる為に、なにをしたらいいですか

最近、「綺麗に死ぬ為には生前何をすればいいですか?」と 質問をされる事が多々あります。 ええっと、答えはありません!10000%無理です!! 一つ言うのであれば、 死後綺麗に戻してくれる人を確保しておく事、 のみです。 どんなに人が良い人間でも、 全く無欲の、悟りを開いた人間でも、悪い人でも、 可愛かったりめっちゃイケメンだった人でも、 そして何より 《何かに熱心に祈っていた人》でも。 綺麗な顔面

遺体への無償の愛と「遺体は語る」の関係性

  私は死んだ人が大好きですが、それと同じ位 「死んだ人とその周りの生きている人(遺体と遺族)」の関係性 が大好きです。 分かりにくいですが、遺体と遺族の間には無償の愛が発生しているからです。 無償の愛、という考えは生体では「親が子に」というのが近いでしょうか。 ご飯作っても何か買っても、その親子が喧嘩したからといって 親が子供に「あんたに使った何年分のこの家計簿につけてある計○○○万円

ウジ虫を見る事

私は多分、一般方々よりウジ虫を見る機会がとても多いと思います。 (一番は誰だろう? 警察や葬儀社、搬送の方々。あとは食肉工場とか、牧場や養豚場、馬とか、そういう動物がいる所ですかね。。)   ウジ虫は(気持ち悪いので)かなり好きではないですが (毎回鳥肌たちながら向き合っています!!(>_<) そして、クリアに見たくないので  メガネは絶対にはずします(>_<))

七月コンチネンス協会様の定例会❗

去った23日に、アドベンチストメディカルセンターさんの一室で 二時間エンゼルケアについて熱弁してきました!! 主催は<排泄ケア>のコンチネンス協会沖縄支部様で 西村会長と大湾先生と、トミタ看護師さんにご協力頂いて講演不慣れなわたくしをバックアップして下さいました❗ (ギリギリまで色々設定もして頂いて、ありがとうございました(;>_<;)) 日本コンチネンス協会さんというのは、人の排泄ケ

★七月セミナー講習情報★

  お待たせ致しました❗😃 七月のセミナーが決定したのでお知らせ致します‼ (↑の写真、だいぶわたくしの顔がスピリチュアルですが(^-^; 霊の事は一切話しませんので悪しからず(笑)) 北中城のメモリアル整備協会さんでさせて頂きます(*^^*) 800円です😃 【2部構成】①現代の終活事情 ②故人とご遺族のグリーフケア   ついに、ついに、ついにー!! この時がやってきました(

ご遺体管理学から見る、メイクスタッフ、納棺師の在り方。

人間としてよくないなぁと思うことは、思わせぶりなことをして最後まで面倒見ない事じゃないでしょうか? (完全に主観ですが、これはすごく嫌いですね(-_-;)) ちょっとニュアンスは違いますが、「釣った魚にエサをやらない」が似ていると思います。 何が言いたいかというと現在のご遺体界では当たり前のように 《思わせ振りな事をして、最後までご遺体の面倒は見ません》 (そうではない葬儀社は私が知っている限り1

★ご遺族様の声②★

О様 うっ血と浮腫みがあった故人様のお孫さん  アンケートとメールより 私自身初めて身内の不幸を経験し、元々医療職であったため死後の処置は知っていましたが、復元専門をいう分野を初めて知りました。 最初は、もうこれ以上身体に傷をつけるのも可哀想だから、腹水たまってても血色が悪くても仕方ないと思っていました。 けど、実際の処置を見て、徐々にじいちゃんの顔色がよくなり、パンパンだった身体が軽くなるような