株式会社おもかげ

遺体の下事情編② 葬儀で必要な「⚪⚪」の⚪⚪は、《尊厳》《真心》《肛門》

わ!またこれwww

皆様こんばんわ。

遺体パンツ運動の会会長・兼・遺体管理師の嘉陽果林です。

更新が遅くなりました。

先日はモックンの万が一でデモンストレーションで盛り上がっていただき

ありがとうございます。

今回は

~綿を詰める詰めない、の前に

確認すべき事があるでしょう

をお伝えします。

  ええーーーーーっっ

もっくんの肛門事情じゃないの?!?と思った同志たちよ!!

もっとその前に、もっともっと大切な事を、ここだけは譲れない!!という

葬儀におけるわたくしのこだわりを

是非聞いてください。

第三回で、モックンの肛門事情を書きます。

★★★★★㈱おもかげが考える死後の人間について★★★★

皆さん全国には沢山の葬儀社がありますが、結婚式会社と葬儀社、日本はどっちが多いんですかね? 

えーっと結婚式は自分だと0かもだけど身内の出席で必ず何回かするしでも結婚も身内結婚式出るのいるし、私は😭回結婚してるし😭😢でも式は何回もあげてません相手変わる度にあげていたら女版キム兄と呼ばれてしまいそう。じゃあ葬儀だと50代位から70代まで何回かでるのかなぁでもその前に私の65歳独居の姉5人末っ子長男の叔父さんが死にそうだsh

沖縄はなんと葬儀社が(個人含めると)180社以上あります!!!

(2019.1調べ)

どこやねんここ(・・;)

葬儀社合戦の沖縄ですから、

利用されるご遺族が汚れなき眼でちゃんと

「故人様を大切にしてくださる葬儀社」

を見極めないと、

営利目的や営業ちっく満載な葬儀会社に

大切な葬儀を任せる事になりますぞ

(-_-;)

まあ勿論、激安重視なら 安かろう悪かろうでも問題ないと思います。

(だってそもそも激安だから)

しかし本当の意味で故人を思い、偲び、最後の最後の荼毘にふすその瞬間まで手を握っていたい!と思うのなら、

葬儀社は選ぶべきです。

豪華な祭壇・・・・

美しい骨壷・・・・

立派な棺桶・・・・

それらはある意味、その故人様を現す、

本当の意味でも最後のものであると考えますから、

勿論✨✨✨素敵なモノをお選び下さい。✨✨✨

でも

それらはご遺体を思う心の二の次でいいと思います。持論ですよ。

持論ですが⬅️⬅️⬅️

持論ですが

持論ですが

持論ですけども

持論ですが

(そもそもわたくしは

口を開けば持論しかいってませんでした)

これら(葬儀付属品)が映えるのは、

そこに偲べるような穏やかな顔をした

故人様がいるからではないでしょうか。

腐敗し、変色し、口や目を開けて、

かなり痩せすぎて、口は曲がり、

悲壮感があり、顔は病魔におかされ、口からは体液が溢れて、

浮腫過ぎて別人のように腫れ上がる。。。。

なんか臭い、なんか怖い、なんか汚い、なんか気持ち悪い、直視できない。。。

と思った残された人たちは

眉をひそめることもあるかもしれません。

そんなご遺体を包み込む 立派な葬儀付属品は

どう映るのでしょうか?

(うーん、どうもこうもない!

普通!!てか考えた事ない!!

って聞こえたような…(・・;)汗汗)

私は、故人様が匂わす不安を取り除いて

安らかな顔をしていて、

しなやかで且つ暖かい手を握って

本当の意味で最後を過ごすという事が

グリーフワークという死別悲嘆の過程でとても大切な事なのではないか!

と考えています。

  そこで、本題です。

    (話が長いでする(-_-;))

巷では「故人様の尊厳をお守りし…」とか

「真心を持って…」とかそういう文言を出してくる葬儀社が多くなりましたね。

(先ほど述べたとおり、葬儀社は沖縄だけで180社、年々増えていっています。 

冗談抜きでそのうち価格破壊に突入しそうで怖い汗))

そこで!☺️

①わたくしの独断と偏見で、良い葬儀社担当者の見極め方を お知らせします。

まず、この一つです!

「故人の顔を見てくれる担当であるか」

↑当たり前の事のようですが、

実際は殆ど見ないんじゃないですかね・・・・・

焼香したら、すぐ打ち合わせに入ります。

そもそも死亡して、反応がない故人様を気にかけて、「なにかご遺体で気になることはありますか」とか遺族に聞いてくださる方は 

心が優しい人だと思いますから

葬儀の他の部分でも、営利に走る事はしないと思います。

②そして、携わる、納棺師・湯灌師・メイクスタッフさんの見極めかたは、、、

「オムツをとって、パンツをはかせてほしい」と伝えてみましょう。

 見極めはパンツ?!?!なんでやねん!!映画「おくりびと」のもっくんはオムツ取ったり、パンツはかせたりしてなかったぞ!!!「故人を尊重できるスタッフ」じゃないの?!

とビックリしたあなた。

故人様の状態把握が出来ていれば それが可能かどうかわかります。

尊重尊重…よく葬儀側では使われますが

根拠のある尊重なんてごく一部です。

葬儀における《尊重》《真心》《尊厳》なんて

ほとんど根拠なんてありません。

しかしながら、ご遺体におかれましては

尊重=パンツをはくこと

(オムツは脱ぐこと)

である解釈は常に考えていてもいいと思いますし、それには立派に根拠がございます!

(あっ人類のパンツにかける希望はまたいつか話します)

🌟🌟🌟🌟🌟🌟

ここで、

「便が漏れるかも・・・」とかいい訳しないでオムツとってくれるかどうか。

(しかし

その際、しっかり肛門事情を説明してくださる知識がある方でないと 

ただ善意で取ってしまい、

本当に便漏れして悲惨なことになりますから、

ただの知識がないけど、良い人かどうかの見極めがかなり必要ですよ!!)

遺体従事者がオムツを取らない理由はあるとすれば《めんどくさいから・汚いから》です。

全然関係ないですが、

医療や福祉関係の立場ではない私達は、腐った遺体はウェルカムだけど、便は汚いからNGという人達がめちゃめちゃいます。

なぜかと言うと慣れてないのです。

腐乱遺体の方が、明らかに便より慣れています。

うーん、腐乱遺体の便漏れってないんですかと言われそうですね。

そうです。亡くなった発見現場の部屋では腐乱遺体が脱糞して

室内がとんでもない事になっていても

警察署搬送になり、まわりまわって会館安置になる頃にはお尻は綺麗になっていますから。

(こればっかりは警察と担当葬儀社スタッフに感謝ですね)

🌺🌺🌺🌺🌺🌺🌺

もし・・・「本当に心ある葬儀をしたい」という方がいらしたら どこにも癒着がなく、色んな葬儀社を知っているわたくしがお勧めする会社をご紹介できますから、メールでもメッセージでも電話でも下さい。  

🌺🌺🌺🌺🌺🌺🌺

そして、色々申し上げましたが、 わたくしは葬儀施工に興味はないので、担当さんの選び方はこの辺にします。

最後に一つ、

小学生の時、おばさんの葬儀がありました。

初めてのことで、担当さんの人柄もいいし、葬儀内容も価格も良さそう!    

 では市役所に行ってから、また午後に参りますね・・・

とおごそかに 席をはずした担当さん。

数分後に声が聞こえたので ふっと外を見ると玄関の前で

葬儀仲間とタバコをすって談笑していました。

そしてその道路の向こうにタバコをぽいっと投げました。

子供心にとてもショックでした。

40代の女性

この話、昔の事だとおもっていませんか?

わたくしが知る限り、今現在 でも

半分くらいの葬儀社さんはこんな感じです。

残念ながら

大手もこんな感じです泣

担当さんは 初見は皆良い顔をしています。死の直後、家族の気持ちも動揺していますし、その方の本質なんて絶対に見抜けないと思います。

終活をされている方、親族に不幸があってどこの葬儀社を選べばいいか分からない方、

是非ご相談くださいね。沖縄で数人しかもっていない「上級終活カウンセラー」の資格をフルに利用して、

御遺体目線の偏りはありますが、是非お力になりたいです!!!

というわけでまた脱線しましたが、

本当にご遺体の事をを考えてくれる方はその葬儀社にいらっしゃいますか?

という事を強く言いたいです。

そのときに必要なのは「真心」「尊厳」よりも前に「故人の肛門」を大切にしてくれる方です。

多分見つかりませんが、見つけましょう。

今まで県内外の納棺師やメイクスタッフさんに50名はお会いしてますが、ゼロでした。。。。

沖縄で遺体の肛門に想いをかけてるのは

私くらいですけど、県外にはいらっしゃるのかな。。。。

汚いとか臭いとか、云々言ってオムツはかせた上にパンツをはかせています。

たとえその時便が出ていたとしても!!!(湯かんだったら違うと思うんですが)

🌟🌟🌟🌟

第三回目に、ようやく、もっくんの話をしますwww

もっくんファンの方、お待たせいたしました。

長くなってごめんなさい。

でも、肛門事情を語るには絶対に避けられない、沖縄の葬儀事情がございました。(県外も同じかもだけど多分違う可能性が高いので分かりません)

コメントを残す