株式会社おもかげ

ご遺族との会話、はタブーなのでしょうか。

名刺を新調しています!

なんと、明るい感じの顔写真付きです( 〃▽〃)

月末には出来るので欲しい方は言ってください✨✨✨✨

 

ここからは持論になりますが…………

 

私は葬儀を【忌み嫌うもの】ではなく、

故人様を安心して旅立たせてあげる大切な儀式だと思います。

遺族の皆さんは沢山泣いて下さい!!!

そして故人様を思い出して、あんな事があったね、と沢山話してあげて下さい。

故人様を触ってあげて、頭を撫でてあげて、

思い出話をしてあげて下さい。

 

私の仕事は、皆様が安心して沢山沢山泣いて、偲ぶ事ができる、優しい故人様作りです。

 

「こんな顔では可哀想」

「見ていられない変な顔じゃない?」

「なんで、こんな色してるの?」

「変な臭いがするよね」

「あんなに苦しそうな顔して可哀想」

「お腹カエルみたいだね」

「入れ歯おかしくない?」

「なんか、違うよね?」

「こんな顔だったっけ?」

「苦しくて辛かったはずね…… 」

(病院でエンゼルメイクをされた故人様のご遺族)↓

「今までメイクもしたことない

おばあちゃんが浜崎あゆみみたいにされてきました。」

 

 

こんな状態では、ご遺族の【不安、可哀想】が先行して

安心して【悲しんだり偲んだり泣いたり】

(これがグリーフワークですね!)

が出来ません。

 

わたくしは、ご遺族の皆様が安心して故人様を送り出せるように、故人様に最高で最大の

アプローチします。

 

しっかり生前の写真も見せていただき、

故人様のお人柄、性格、仕事、どんな事をしていたか。

はたまた何十年の前の写真も一緒に見て故人様の幼少期から遡って一緒に昔を偲びます。

沢山ご遺族と会話をします。

(もっと深くなると、

戦争の話をされたり、疎開の話をしたり、

沖縄の昔の話をしていただいたり………

故人様は昔、夜になると防空壕から出て、

私をおんぶして良く歌を歌ってくれたのよ。と妹さんが仰ったり。

そんな話を沢山沢山聞かせていただきます。)

 

そうする事で私の故人様への愛情がさらに深くなります。

 

 

実は、納棺業界では

【ご遺族は悲しんでおられるから安易に話しかけてはいけない!】と

ご遺族との会話はタブー視されてきました。

 

(儀式性重視であるがゆえに、そのスタイル、

格好にこだわり過ぎて

沖縄の内気な皆様は安易にその納棺師に話しかけられない

という変な見せ方をしているのが問題だと思います。)

 

 

でも、それではいつもの故人様を復元することは不可能です。

故人様のお人柄を知って、そしてご遺族の故人様へのお気持ちを知ること。

 

そうする事で初めて故人様が生前の故人様へと甦るのだと、思います。

 

時々、入室して挨拶して、故人様の生前の写真も見ずに、すぐに取りかかる納棺師さんがいらっしゃいますが

それはとても不親切ですね。

 

ご遺体の顔を見て、写真も見ずに

生前の顔に戻すことが出来る人なんて、

日本では宿原寿美子先生位だと思いますよ(^_^;)

(先生はアメリカの テキサス州立 法医学顔復元、 法医学アート2次元顔面再建という

資格を持っておられるので骨格から復顔可能だと思います!凄い!!!😆💓)

 

これからもご遺族との対話は大切にします。

私がお伺いしたら、沢山故人様の話を

私に浴びるほど聞かせて下さい。

皆さんが隣で話す声を故人様は聞いておられます。

一緒に色んなエピソードを、時に笑い、時に泣いて、

沢山話して頂くことで、

故人様の不安はなくなると、信じています(*^^*)

 

そして沢山話して、一緒にご納棺さしあげて、

そのお時間が終わるとき、

故人様は

微笑んでいらっしゃるのを皆様の目で確認されて下さい。(*^^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です