株式会社おもかげ

新鮮な遺体作り❕

今回の研修は本っっっ当に良かったです❗

 

一番はじめ、

動物系イケメン会長とお話しさせて頂いた時に

「日本人は、臭いもの、汚ないものを嫌だと思う傾向が強い。

我々は新鮮な遺体を作る事が出来ます。」

 

と仰いました。

 

【し、新鮮な遺体~( (( ;∀;)∀;)❗❗❗❗❗】

 

そうです。

私が沖縄で散々バカにされて来たような考えを

目の前で当たり前のように仰って下さってる❕

 

感無量でした。

 

ここでは私が【異常者】ではなく

変態】でもなく生きていけるのが嬉しかった

 

そこの会社では殆どの先輩上司が、

新鮮な遺体作りに携わっていました。

 

皆さんが疑問に答えて下さって、皆がアドバイスを下さるような環境でした。

 

私は多分納棺師の中では医学の知識がだいぶある方だと思います。

けど、人体の臓器についてはその位置など、

家に模型はありますが

その知識としては全然ない方だなと反省しました(;>_<;)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(因みなんですけど

今回の全ての原動力の知識は

何を勉強したかと言うと……

解剖生理学、免疫学、そしてある程度の医学を頭に叩き込みました😊

 

そして、認定看護師の友達がいたので

逐一遺体の容態と死亡理由、生前の様子など

なぜこの遺体になったのか、など

全て確認していたから、というのが

一番大きいですかね(^o^;)

 

(沖縄で遺体について私の熱い想いを受け入れて下さったのは

その看護師だけでしたが😅)

 

だから腹水が溜まってる原因を

生前の点滴のし過ぎで浮腫が生じてます!

いう案内を遺族にしている

納棺師を見ると悲しくなります😖😖😖😖

 

だって難民の子供は、凄く腹水溜まってるけど

点滴なんてしてないでしょう😖😖😖

 

そう、遺体は全て科学的根拠に基づいているのですね❕😊😊😊)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は勘違いされていたり、気持ち悪いと思われていたり、誤解されている

【遺体】という分野を変えていきたいです。

 

ニッチな需要ですが

必ず死は起こります。

人の致死率は100%です❕

 

彼らが皆さんに恐れられず、

暖かく受け入れられるよう

サポートしていきたいです🎵

f:id:omo-kage:20171118053242j:plain


写真はうちの可愛すぎるチワワの

「牛ちゃん」です。

まだ死んでませんよっ!😂

死んだらわたしが剥製にしたいですけど。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す