株式会社おもかげ

決意と確認。

前職を辞めてから、私は月に多いときで三回は様々な所に勉強や研修に行ってます。

 

でも!!!!言わせてください!!!!

( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

こればっかりは離島を恨みますね。。。

勉強は全て内地!

飛行機代は半端ないです。

人生で一番飛行機乗ってます(–;)

お金がいくらあっても足りません。

 

全てLCCとカプセルホテルで徹底しています。

幸いそこは全くこだわりがないのでよかったです………

疲れがとれないでしょ?!と

いう方もありがたく居ましたが。。

 疲れとか、んな事は言ってられませぬ😖😖

 

でもですね、

私は20代はホテル代ケチって漫画喫茶泊を

繰り返していましたので

カプセルホテルなんてかなりの贅沢ですよ(笑)

だって1日1600円~2000円とかですからね。

カプセルの嫌なところ…………

時々、南米の若い方?かな。

(スペイン語で顔は南米の人!チリかしら)

夜中にSkypeで地元の彼氏?と話をし出すので

これが嫌なくらいです!(・・;)))

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そう、お金の捻出は

子供の学資保険も解約した位ですからね。

何度も言うように、

私はすべてをかけています(>_<)

それに対してリスキーだとかいう人の意見は

聞く耳持ちません。

そして耳にタコです( ;∀;)

聞きたくないです( ;∀;)

言わないで下さいね😖

 

 話ずれるけど

30代で女性の起業は、賛成してくださる人はあまりいません。

 

何故????

 

皆さんはわかりますか?

 

何故か分かりません。

「あぁ~そうなんだ…」

と眉をひそめる方もいます。

 

ネットビジネスだったら応援してくれてたんでしょうか?

子育てママの⚪⚪、とか、だと応援してくれてたんでしょうか?

メンタルなんとかの心理カウンセラーだったら、へぇ凄い!頑張ってよ!と言ってくれたのでしょうか?

 

何故、私が

「遺体の為に会社作りたい。

遺体の為に人生を捧げたい。」

と言ったら

いや~無理じゃない?と言う人が多いのかな。

やってもないのに、何で言うのかな(>_<)

 

私は自分のしていることに自信がある反面、

不安が潜行して自信を脅かします。

 

だからこそ、何故認めてくれないのか?と

その「認めてくれるだろう」という期待さえも

不安が寄り添ってきて、ともに大きくなっていくのを

一人で抱えるのが、また不安要素という(笑)

 

今、暗闇をろうそく一本で歩いています。

 

社長になる、という自覚はありません。

なんだかよく分かりません。

ただただ、

遺体の為に働きたい

としか思っていません。 

 

そして😖

退職してから、遺体に会ってません。

 

彼らと会ってるとき、私には安心と癒しすら

彼らから貰っています。

私はどんな形が崩れたご遺体でも、

彼らを愛する自信があります。

私にとって、彼らは汚く怖いもの、ではありません。

 

彼らは私たちを見抜いています。

口先だけで「故人様を身内だと思って…」と言いながら

本心はそう思っていないことは、

実にバレてしまうのですね。

 

(余談ですが…遺体からの感染については

後日アップしますが、、、

 

納棺師がいう、

感染遺体ってエイズ結核ノルウェーカイセンに罹患してる遺体の事です。

 

じゃあ、それらは、現在の私たちが納棺する遺体の中の一体なんパーセントなんでしょうか?

 

感染感染と騒ぎ立てているのは、

金儲けしたい葬儀会社だけと思います。

何故ならば

何に感染するんですか?」と聞いてみたいです。

答えられるはずがありません。

 

(肝炎について。

B型C型肝炎は予防注射を持つようにしたらいいです。

前職場ではB型肝炎予防接種させて貰ってました。

でも遺体ってB型患者30%にたいして、C型患者は70%!

C型肝炎遺体に会う確率はそれでも半年3~5体位かな。

B型は一人もいませんでした(^o^;)

C型肝炎予防接種した方がよかったんでは……_(^^;)ゞ

できないのかな。 確認しときます。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑追記

(後日確認して、C型肝炎予防接種はないことがわかりました)

 

 

遺体は都市伝説みたいのがぴったりなんです。

それらしい事を、

皆望んでいますよね。

(例えば、納棺後に起きますか?とか、

死んだら軽くなるんですか?とか)

 

でも、科学的根拠のないことは信じてはいけません。

特に我々遺体に関わる人間は、絶対に信じてはいけないのです。

 

私が無事に独立出来たら、

それを証明してみせます。

 

彼らの尊厳を守り、彼らに寄り添う事で

最高の結果を産むことを証明します。

 

と、いう念を抱きながら、

IN関西しました。

 

更なる決意と、揺るぎない思いを確認しながら

この一週間頑張ってきます❕❕

f:id:omo-kage:20171116215725j:plain

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です