株式会社おもかげ

告知★豊見城中央病院セミナー02/17 いなんせ会館終活セミナー03/02

↑こちらは誰でも参加出来ます❗一般人向けです(^^) セミナーの午前のお二人は終活大先輩の元アナウンサーの美女えみさんと お墓の申し子東恩納さんです!! 午後は看とりのスペシャリストのイハユリカさんのあとに わたくしの話に続きます~(*^^*) イハユリカは個人的にも仲良くさせて貰ってますが、わたくしとは真反対のすごくポジティブで素敵な女性なのです💓♥️❤️ 是非皆様いらして下さいませ❗  他にも

「葬儀社の一人として」②

葬儀社A、B、Cの社長からこう言われました。 2018年の事です。 「あなたがお客さんに名刺を渡すことはやめてほしい。将来あなたが葬儀社をやってしまってお客さんを取られたら困るから。」 と。 びっくりしました。 色んな意味で。 一つ目は、私を使って下さる葬儀社さんは私の理解をしてくれるものだと思っていました。 ・私は遺体以外興味無いこと。 ・沖縄の遺体に命をかけたいこと。 ・名刺を渡すのは、最後ま

「葬儀社の一人として」の疑問①

わたくしは遺体従事者ですが、 自分の立ち位置を考える事が日頃とても多いです。 なぜならば この仕事にはじめてついた数年前、 当時の先輩が我々の立ち位置を教えて下さった時、 『依頼された葬儀社の一人として振る舞え』 でした。 理由は葬儀のプランの中に入ってるメイク等の遺体処置に関して、 ご遺族はその葬儀社のスタッフか外注スタッフか、分からないから (と言うかどっちでもいいから) だと認識していました

そう言えば、終活フェアの感想アンケート

去る2018.12.04にありました、いなんせ会館の終活フェアのアンケートがあったから遅れましたが載せます。 国内では、死亡してから荼毘にふすまでの遺体の勉強会や研修などはほぼゼロに近いです。 その為に科学的根拠に基づいた考えではなく経験則で判断してしまいがちになり 間違った情報が氾濫しているのも、また事実なのですね。 少しでも多くの方々に「遺体管理の必要性」 をお伝えしたい次第です(>_&

1月18日(金)19時デスカフェ2

対象者は現時点でエンゼルケアをしている方々です。 今までのような 口とじ云々~という初級内容ではなく、本格的な遺体の特異性についてお伝えするため 『エンゼルケアを日常的にされている方』に特定させて頂きます。 (例えば、介護福祉の仕事だが肉親を看取った経験がある、という方もご遠慮頂いております。) なぜならばデスカンファレンス、というグループトークをしていただくのですが そのテーマ自体がエンゼルケア

京都グリーフケア上級検定で京都にいきます!!

おもちゃんにいってくるよー!と言ったら 寂しそうでした(笑) そして私は空港でこれを頭に叩き込みます!!  (なにも空港じゃなくてもって思うかもですけど(笑)) 沖縄を理解するために、数字での見えるデータ分析を 徹底的に頭にいれます。 もう、キャパオーバーでオーバーフローですが、 根本を見えてないと話せないところが 私の弱いところなんで頑張ります(>___