株式会社おもかげ

教科書に載っていないエンゼルメイク★年代について

今回は最近感じる、 エンゼルメイクをする看護師さんのある特徴を見つけたので ↓↓↓是非お伝えさせて下さい。↓↓↓ ★★★エンゼルケア★★★ エンゼルケアとは、死後に行う処置、保清、エンゼルメイクなどの全ての死後ケアのことで、逝去時ケアとも呼ばれる。病院であれば、患者が亡くなった後、お見送りするまでを含めていう。以前は、死後処置と呼ばれたこともある。Wikipedia 簡単に言うと、 医療福祉従事者

Continue reading

ご遺族から一番多い質問。

こんにちわ。 ちょっと指向を変えて 皆様が大好きなホラー&ミステリアスなお話したいと思います。 わたくしは、 かれこれ4000人くらい故人様に従事させて 頂いております。 突然ですが、質問です~! 🌹🌹🌹🌹一番多いご家族からのご質問は  なんだと思いますか? 🌹🌹🌹🌹 そうです!! お察しの通り 《あの~ この仕事で 幽霊とか見たことありますか?》 です。 (まぁ聞いてくる方は、 刺激的な

Continue reading

遺体の下事情編② 葬儀で必要な「⚪⚪」の⚪⚪は、《尊厳》《真心》《肛門》

皆様こんばんわ。 遺体パンツ運動の会会長・兼・遺体管理師の嘉陽果林です。 更新が遅くなりました。 先日はモックンの万が一でデモンストレーションで盛り上がっていただき ありがとうございます。 今回は ~綿を詰める詰めない、の前に 確認すべき事があるでしょう~ をお伝えします。   ええーーーーーっっ もっくんの肛門事情じゃないの?!?と思った同志たちよ!! もっとその前に、もっともっと大切な事を、こ

Continue reading

★終活フェア★

やりますよーっっっ 4月28日(日)  10時から16時 ファミリーホールいなんせ会館  わたくしは 14:30~15:30  「どうしてプロの死化粧が必要なの?」を お届け致します❗ よく言われるのが 「娘が(親族の女性)がやるからいいよー」 「男性もやるんですか?!」 です。 わたくしはよく勘違いされるのですが、 メイクスタッフ、着替えスタッフ、ではなくて 火葬日まで遺体を悪化させずに見守る人

Continue reading

遺体の下事情編 何故モックンは肛門に綿をいれたのか。

現場で遺体のパンツ運動なるものに力をいれているわたくしは 勝手に遺体パンツ運動の会の会長をやっています。 (会員募集中です!!www) どういう活動かというと 遺体のオムツを外して、パンツをはいて頂く運動です。 ようするに 《最後までパンツでいること、排泄をトイレですることは、人間の最後の尊厳だ》と 心底思っている方々って、結構いると思うのです。 ところが頑張って頑張って、死亡前までトイレに自分で

Continue reading

遺体のアイシャドーの入れ方、知ってる?

エンゼルケアセミナーで何回かお話してるんですが沢山の病院さんを見て感じる事、 そして沢山の遺体従事者、葬儀社のメイクスタッフさんを見て感じる事は 【遺体のメイクと生体メイクの混同】です。 皆様、遺体のメイクと生体メイクって変えないといけないこと、ご存知ですか? いやいや、それはわかってるよーとお声が聞こえそうです。 上手い言葉で言えば  生体には→美顔メイクで 遺体には→その人らしさを見せるメイク

Continue reading

告知★豊見城中央病院セミナー02/17 いなんせ会館終活セミナー03/02

↑こちらは誰でも参加出来ます❗一般人向けです(^^) セミナーの午前のお二人は終活大先輩の元アナウンサーの美女えみさんと お墓の申し子東恩納さんです!! 午後は看とりのスペシャリストのイハユリカさんのあとに わたくしの話に続きます~(*^^*) イハユリカは個人的にも仲良くさせて貰ってますが、わたくしとは真反対のすごくポジティブで素敵な女性なのです💓♥️❤️ 是非皆様いらして下さいませ❗  他にも

Continue reading

「葬儀社の一人として」②

葬儀社A、B、Cの社長からこう言われました。 2018年の事です。 「あなたがお客さんに名刺を渡すことはやめてほしい。将来あなたが葬儀社をやってしまってお客さんを取られたら困るから。」 と。 びっくりしました。 色んな意味で。 一つ目は、私を使って下さる葬儀社さんは私の理解をしてくれるものだと思っていました。 ・私は遺体以外興味無いこと。 ・沖縄の遺体に命をかけたいこと。 ・名刺を渡すのは、最後ま

Continue reading

「葬儀社の一人として」の疑問①

わたくしは遺体従事者ですが、 自分の立ち位置を考える事が日頃とても多いです。 なぜならば この仕事にはじめてついた数年前、 当時の先輩が我々の立ち位置を教えて下さった時、 『依頼された葬儀社の一人として振る舞え』 でした。 理由は葬儀のプランの中に入ってるメイク等の遺体処置に関して、 ご遺族はその葬儀社のスタッフか外注スタッフか、分からないから (と言うかどっちでもいいから) だと認識していました

Continue reading