株式会社おもかげ

特技が役立つ

人間はなにか一つ、才能や特技をもって生まれてくる、しかし殆どの人がそれが花咲かないまま一生を終えるんだ、と 誰かが言っておりました。 私は小さい頃、絵を描くのが好きでした。 特に真似をして描く、模写が得意で好きな漫画を沢山真似して描いていました。 小五あたりの高橋留美子先生(らんま描いてた人)の単行本を真似して描く。 ホラーにも挑戦してました。同じく小五くらいかな これはお節介なるりちゃんを千佐ち

Continue reading

私が作った私の大切な会社。

保険証に自分の会社名って地味に嬉しいものです🥰 今年で四年目を迎えますが こういう目で見える形になると凄く嬉しいものです。😍 私は『時間がたって腐っている人間を元に戻すこと』以外はなんでも出来ます。 ※腐敗は腐敗でも、顔面のガンで腐敗したところは綺麗に出来ます! これからも日本唯一のオリジナル技術を駆使して、 全ての技術・知識を 沖縄県のご遺体・ご遺族に還元していきたい。 なので、贅沢はせずにこれ

Continue reading

悪魔の装着具

ここでは、今、この瞬間にでも使用されているもので私が『顔面が醜悪になる』と即中止を叫びたい悪魔の装着具を2つご紹介致します。 その一 ヒラヒラ顎バンド このヒラヒラした顎バンドは、葬儀社が病院や施設にお渡しして装着させます。 自宅に安置されても取り外される事はなく、火葬までこのヒラヒラして圧迫され苦しそうな顔になったまま、 誰も取りません。 やがて、↑図のように赤いところが晴れ上がり、ブロッコリー

Continue reading

鶴の恩返し~処置を見せない理由~

遺体管理として私に求められているのはメイク・着付けのパフォーマンス等ではなく、本気の処置であります。 (それは医療の手術に似てる…かな) そうなるとおくりびと云々ではなくなってくる。 依頼主は 『儀式』や『パフォーマンス』ではなく 『本気で本人の体内・ 顔面の改善を 求めている方々』 からの依頼が殆どなのです。 私の気を反らして、中途半端な手伝いをされるより 全力で集中してその手伝いを完璧にやって

Continue reading

おくりびと症候群

私は、沢山の自称おくりびとを見てきました。私を含めみんな承認欲求が高い人間であることには間違いないと思います。 その中でも、とりわけ目立つ「おくりびと特有の性格」を「おくりびと症候群」と分類して、彼らの特異性を見ていきたいと思います。 特徴✴️遺体ではなく、遺体に携わる私、が好きな人。 映画おくりびとの主人公はモックンです。 しかし、現場での主人公はご遺体である、という認識は彼らにはない。 ☠️🤔

Continue reading

私がおくりびとを辞めた理由

私は以前、 映画おくりびとのもっくんに演技指導したという会社で納棺師をしておりました。 どこに言っても『おくりびとの嘉陽さんです~っ』と紹介されてから入室しておりました。 そんな私は、違和感を感じながら会社をやめております。 本題の「やめた理由」は『主人公が誰か』に気がついたからです。 ⬇️⬇️詳細を書きます。⬇️⬇️ ※以下、おくりびとになりたいと思っていらっしゃる方は 不快に感じるかもしれませ

Continue reading

教科書に載っていないエンゼルメイク★年代について

今回は最近感じる、 エンゼルメイクをする看護師さんのある特徴を見つけたので ↓↓↓是非お伝えさせて下さい。↓↓↓ ★★★エンゼルケア★★★ エンゼルケアとは、死後に行う処置、保清、エンゼルメイクなどの全ての死後ケアのことで、逝去時ケアとも呼ばれる。病院であれば、患者が亡くなった後、お見送りするまでを含めていう。以前は、死後処置と呼ばれたこともある。Wikipedia 簡単に言うと、 医療福祉従事者

Continue reading

ご遺族から一番多い質問。

こんにちわ。 ちょっと指向を変えて 皆様が大好きなホラー&ミステリアスなお話したいと思います。 わたくしは、 かれこれ4000人くらい故人様に従事させて 頂いております。 突然ですが、質問です~! 🌹🌹🌹🌹一番多いご家族からのご質問は  なんだと思いますか? 🌹🌹🌹🌹 そうです!! お察しの通り 《あの~ この仕事で 幽霊とか見たことありますか?》 です。 (まぁ聞いてくる方は、 刺激的な

Continue reading

遺体の下事情編② 葬儀で必要な「⚪⚪」の⚪⚪は、《尊厳》《真心》《肛門》

皆様こんばんわ。 遺体パンツ運動の会会長・兼・遺体管理師の嘉陽果林です。 更新が遅くなりました。 先日はモックンの万が一でデモンストレーションで盛り上がっていただき ありがとうございます。 今回は ~綿を詰める詰めない、の前に 確認すべき事があるでしょう~ をお伝えします。   ええーーーーーっっ もっくんの肛門事情じゃないの?!?と思った同志たちよ!! もっとその前に、もっともっと大切な事を、こ

Continue reading