株式会社おもかげ

ご遺体の為に命をかけています。  彼らとの契約。

私は「ご遺体を大好きで」と言うと、普通の人に
は変態に見られます。

(普通の人、以外は「私も好き!」と返されてこのパターンです。
http://omo-kage.hatenablog.com/entry/2018/01/08/154453)
↑私がご遺体好きな人とあいまみれない理由の過去ログ。

最近はご遺体成分からのアルコール抽出を言ったもんだから、
(http://omo-kage.hatenablog.com/entry/2018/01/21/203204 
ご遺体からお酒)

猟奇的な目で見られる誤解を招く要因も作ってしまいました。

(でも、猟奇的なのは誤解ですけど、
ご遺体からアルコールは事実に近いのでする!^^)

しかしながら、声を大にして申し上げたいのは、

【私は日本で一番ご遺体と寄り添い、
彼らの尊厳を守る生体でいたい❗❗❗😍💓💓】
と言うことです。

多分、それを掲げている葬儀社さま、納棺業者はいないと思います。

本気ですよ!!!

だからこそ、誤解された、
ご遺体の正しい知識を知る必要があり、
勉強することがゴマンとあります。

例えばあなたがバイク好きだったら
バイクのこととても詳しく、勉強しますよね??

つまりそういうことです。

たまたま対象が【ご遺体】だっただけです。

私はご遺体のプロになりたいのですね。
彼らは、とても、美しいです。

ただただ興味本意で、ご遺体を好きだ云々言っている訳ではありません。
それは、私がグリーフケアを学んでいる理由になります。

「人は一人で産まれて、一人で死んでいくんだ………」

なんていうバカな厨二メンヘラがいたらぶん殴りたいですね。

産まれた時は沢山の人に祝福され、
死ぬ時は沢山の人が悲しみます。

(例え、独居老人が一人で孤独死しても、
それを見つけた、或いはその報告を受けた
親族知り合いは
どんなに大きい(或いは小さい可能性もあるけど)
喪失感を持っているか、
あなたにわかりますか?!!?!と
言いたいですね)

私は坊さんじゃないので、死生感は語れませんが
私がお会いするご遺体たちは、
声にならない声を様々に発しています。

それを読み取り、ご遺族の安堵感へと繋げるのが
私の仕事です。
(こう書くと、私がイタコやユタみたいだけど、
そうではないですよ😅😅)

だから、私はご遺体を愛して、ご遺族様に安心して頂ける会社を作りました。

ご遺体の為に、命をかけています。
人生も生活も全て彼らに捧げました。

あらゆる生命保険を解約して、資本金、資金源にあててました。

(それをあらゆる方法で妬むやり方は、瑞々しくないと感じますね。)

そして、二度と再婚はしません。
(何度も言ってますけど(笑))

ご遺体に守られて、ここまで来ているという
力を感じます。

私は自分を担保に、【彼らと契約をした】
という感じですかね。

コメントを残す