株式会社おもかげ

鶴の恩返し~処置を見せない理由~

遺体管理として私に求められているのはメイク・着付けのパフォーマンス等ではなく、本気の処置であります。 (それは医療の手術に似てる…かな) そうなるとおくりびと云々ではなくなってくる。 依頼主は 『儀式』や『パフォーマンス』ではなく 『本気で本人の体内・ 顔面の改善を 求めている方々』 からの依頼が殆どなのです。 私の気を反らして、中途半端な手伝いをされるより 全力で集中してその手伝いを完璧にやって

Continue reading

おくりびと症候群

私は、沢山の自称おくりびとを見てきました。私を含めみんな承認欲求が高い人間であることには間違いないと思います。 その中でも、とりわけ目立つ「おくりびと特有の性格」を「おくりびと症候群」と分類して、彼らの特異性を見ていきたいと思います。 特徴✴️遺体ではなく、遺体に携わる私、が好きな人。 映画おくりびとの主人公はモックンです。 しかし、現場での主人公はご遺体である、という認識は彼らにはない。 ☠️🤔

Continue reading

私がおくりびとを辞めた理由

私は以前、 映画おくりびとのもっくんに演技指導したという会社で納棺師をしておりました。 どこに言っても『おくりびとの嘉陽さんです~っ』と紹介されてから入室しておりました。 そんな私は、違和感を感じながら会社をやめております。 本題の「やめた理由」は『主人公が誰か』に気がついたからです。 ⬇️⬇️詳細を書きます。⬇️⬇️ ※以下、おくりびとになりたいと思っていらっしゃる方は 不快に感じるかもしれませ

Continue reading