株式会社おもかげ

ご遺体から酒を作る方法。

非常に興味深い文を発見しました!!! 見にくいですが、こう書いてあります。 【酸素のないときのピルビン酸の代謝は、「発酵」とよばれているものです。その例として、酵母や乳酸菌の働きがあげられます。酵母では、ピルビン酸はアセトアルデヒドになり、さらに還元されてエタノールが出来ます。いわゆるアルコール発酵です。】 これは!!!!!!!!( ; ロ)゚ ゚ (ピルビン酸↓ 良く分からないけどアセトアルデヒ

ご遺体の硬直とATPエネルギーについて。

(飛行機乗り遅れたので😭) 講談社ブルーバックスシリーズ 【生命を支えるATPエネルギー】 を読んでいますが、、、 これは凄い!!!!!!! 皆様は、何故ご遺体が硬直して、そして約2日後にグニャングニャンになるか、ご存知ですか? (そもそも、硬直が解けることを知らないと思いますが(^o^;)人間はその後柔らかくなるのです!) 実は筋肉組織のミトコンドリアまで遡る、 とてつもないシステムになっていま

ご遺族との会話、はタブーなのでしょうか。

名刺を新調しています! なんと、明るい感じの顔写真付きです( 〃▽〃) 月末には出来るので欲しい方は言ってください✨✨✨✨   ここからは持論になりますが…………   私は葬儀を【忌み嫌うもの】ではなく、 故人様を安心して旅立たせてあげる大切な儀式だと思います。 遺族の皆さんは沢山泣いて下さい!!! そして故人様を思い出して、あんな事があったね、と沢山話してあげて下さい。 故人

【ご遺体コラム】腎炎死亡だが、黄疸がない?

よく、「肝臓、腎臓が悪いと黄疸が出る」と 言いますね。 (アルコール多量摂取の方に多いかな。)   ではなぜご遺体は【腎炎】なのに黄疸がなかったのでしょうか。   それを知るには身体の臓器の位置、メカニズムを知らないといけません。 (走り書きメモだったので、少し雑ですが)   そもそも黄疸が出やすいのは、総胆管系の病気が主です。 臓器なら 【肝臓、すい臓、胃、ひ臓】が関係している 胆管~胆嚢~12

遺体の年表

私が【ご遺体は死んでないと思う】 というは一般論的に中々無理があると思います。   では【ご遺体は患者様だと思う】としたなら 分かりやすいでしょうかね(^_^;)   Aさんが 2015年、4月○○病院入院開始 2015年、9月大腸ガン手術 2016年、10月○○病院退院 2017年、2月△△病院入院開始 2017年、4月12日胃ガン手術 2017年、4月20日死去 →今ここ、 という感じ?  

ご遺体は死んでない、論

私は、ご遺体はまだ死んでいないと思っています。 何故ならば彼らが、私たちの【声】を聞いているからです。 その声を聞いた変化を私は幾度となく現場で リアルに感じた事があります! (霊とかではなくて!!)   だからこそ 「ドライアイスをこんなに置いたら寒そう」とか 「綿積めは痛くて苦しそう」 の ご遺族的感情をわたくしたちの立場は ご理解して差し上げなければいけないんだとも思います。   手を組ませ

良くある納棺師blogが続かない理由と、その内容について考えてみた。

巷には数多の納棺師blogがあります。 それらの共通点は ★非日常のビックリエピソードが書いてあります。 (御遺体の腐敗程度、こんなあり得ない御遺族だった、等) ★死というもの、それの恐怖観念を植えつける内容が多いです。 ★長続きしない。 (これはかなりあるあるです!! 初めは「すごーい」「こんななんだ!」と驚愕していた事実も、 時間がたつと慣れてしまってご遺体も腐敗してようが驚かなくなる。 更に

「汚い」ものと「臭い」ものが嫌い。

日本人は世界でもとても綺麗好きな民族であることは 皆さん良くご存知だと思います。 そこで質問ですが (全く関係ないですけど(^o^;)) なにゆえに御遺体の事となると 皆さん好意的ではないのでしょうか? 理由は様々だと思います。 例えば、怖い、恐怖、ですかね💀💀💀 霊的なもの、宗教的なものもあるかもしれません。 まぁ縁起が悪いと、そもそも忌み嫌うものである対象になるかもしれません。 しかし、根本は

間違った赤ちゃんと子供

皆さんが誤解しています。 (大人と比べて)赤ちゃん.子供は腐りにくいです❗ 今の方法は→冷やして冷やして冷たくして、 時には誤った方法で赤ちゃんを凍らせてしまったり……… とんでもない!!!!! 間違いです!!!!!!! カチコチに冷やしまくる方法は昔の誤った伝承です。 今すぐやめるべきです!!!!!! 必要な事は冷やしまくる事ではないです。 【出棺まで、お母さんが抱けること】 ↑↑↑それが必要な