株式会社おもかげ

★沖縄唯一★ご遺体の保全を希望される方★

沖縄は内地と違って島国ですので、様々な理由から出棺が伸びることがあります。

 

『家族が遠方にいるので待ちたい』

(娘さんがアメリカにいる、息子さんが内地にいる、ご親族の飛行機がすぐにとれない・・・等々)

『友引の都合で葬儀が延びる』

『火葬場がいっぱいです』

 

そんなとき、「おもかげ」の防腐技術をご使用いただく事ができます。

ご遺体を自然のままで美しく保たせます。

 

★特徴★

★防腐液を注入し、腐敗の進行を遅らせることが可能です。
★夏場でも数日間の保存が可能です。
★ドライアイスの使用を抑制しますので、ご遺体が凍ることがありません。

(凍傷のように赤く凍ってしまうことは絶対にありません)

★出棺日まで納棺しなくても大丈夫です。(ご遺体特有の臭いもなくなります)

お布団で一緒に眠る事が可能になります。

★弊社の防腐技術専門スタッフが毎日故人様の状態を確認しに伺います。

↑ ↑ ↑ 死後8日の故人様。 ご家族が遠方から来るのを待ちました。 

ドライアイスもあてずにお布団で安置して、 出棺の日は朝にご家族みなさんでお身体を清拭してさしあげました。

↑ ↑ ↑ その後ご納棺の時は ご家族で故人様にお手紙を読みながら、沢山のお土産や大切なものを一緒にお入れしました。 

最後まで身体に触れる事ができたことは最大のグリーフケアだと思います。

(通常のご遺体は、7日間持たせないといけないとなると、初日から納棺して、蓋をあけることは中々できません。

そして凍るくらいのドライアイスを身体の上からあてます。

ご本人はかなりの冷たいご遺体になってしまい、手を握る事などはほぼ不可能です)

★★★★最後のお別れまでご遺体に触れていただけます★★★★

現在、弊社のご遺体保全技術をご提供している葬儀社様→ 株式会社いなんせ典礼  お問い合わせください。